投資用太陽光発電

土地付分譲型太陽光発電のメリット

太陽光発電システムを設置する土地や屋根をお持ちでない方が太陽光発電事業を事業として始めたい場合、土地付の太陽光発電システムに投資することができます。
土地付分譲型太陽発電は太陽光発電事業を開始するまでの必要なものをワンパッケージにし、お客様の面倒なお手続きの負担を大幅に軽減します。

太陽光発電事業を開始するまでの主な手続き

  • 土地の選定・調達
  • 各種申請等の事務作業
  • 工事業者の選定・委託
  • パネルの選定・調達
  • メンテナンス管理
  • 自然災害などリスク管理

具体的には

メリット1

土地・屋根を所有していなくても太陽光発電事業が始められます

産業用太陽光発電は、相応の面積の土地や屋根が必要になります。
分譲型太陽光発電は土地や屋根を持たずに太陽光発電を始められることから、人気が高くなっています。

メリット3

固定価格買取制度により20年間の売電収入が保証されています

固定価格買取制度により、発電された電気の買い取りが20年間保証されるため、安定した収入源を長期にわたり確保することができます。
また不動産投資のような空室リスクがないことも特長です。

メリット4

長期のメンテナンスが含まれ管理の煩わしさがありません

太陽光発電の発電能力維持には、定期的なパネルの清掃や機械のチェックなど、定期的なメンテナンスが必要になります。設備維持に必要な作業をパッケージ化し太陽光発電事業をサポートします。

メリット5

事業用不動産ローンと比較して低金利のローンがあります

事業用不動産ローンと比較して低金利の太陽光発電事業向けのローンを提供している金融機関があります。
自己資金がない方でもローンを利用することで太陽光発電を始めることができます。

ページトップへ

© SBI MONEY PLAZA Co., Ltd. ALL Rights Reserved.